未曾有の           バイオハザード地帯
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
【ゲームバトン】
 不幸の手紙こと【バトン】がまたしても来ました。
 ふむふむ、今回は【ゲームバトン】か、おあつらえ向きだな(何。


1.Total volume of game files on my computer (PCに入ってるゲームファイルの容量)

 いきなりであれなんですが・・・、0Gです;。
 アクセサリのソリティアとかのも切ってます。

2.Game playing right now (今進行中のテレビゲーム)

 「ナムコクロスカプコン」と
 「ネオコントラ」に
 「THEクイズ20,000問」。

 「ナムコクロスカプコン」は日記でも良く話してるとうり、そろそろ2週目もクリアできそうです。
 「ネオコントラ」は最近、新品を1500円で購入。値が下がるまで待ってました(マテ。魂斗羅はファミコンの時から夢中でプレイしてたアクションゲームで、裏技でクレジットを増やさなければクリアできなかったですね;。で、前にPS2で出た真魂斗羅を定価で買ってプレイしたものの、確かにグラフィックもよくて、内容もごっつ楽しかったのだがいかんせんボリュームがない;。購入してすぐにクリアとなってしまったのでものすごく物足りない感じがありましたね。作りこんであるのはわかったが、ステージ数が少ないのはいただけませんね。
 そんなわけで、次のネオは価格が下がるまで待とうと思ったら、ここまで下がるとは;て感じです。ボリュームはやっぱり不満ですが、やっぱり爽快で楽しいすね。
 「THEクイズ20.000問」シンプル2000シリーズVOL12。ほんとに暇つぶし用に購入しました。ゲーム、映画、漫画ジャンル問題しか正解できない(´д`;)ゝ!

3.The last video game I bought (最後に買ったテレビゲーム) 

 先月に「ナムコクロスカプコン」と「THEクイズ20,000問」。
 今月というか、昨日「ネオコントラ」買いました;。
 月2本がノルマです(ぇ。

4.Five video games I play to a lot,or that mean a lot to me
 (よくプレイする、または特別な思い入れのある5つのテレビゲーム)


 ①「MOTER2 ギークの逆襲」
 最も遊ばせて貰ってるRPGです。
 何が良いかって、それは雰囲気ですね。90年代のアメリカな感じの世界観に親近感を覚えつつ、その独特さに突き放されるような個性豊かなキャラクター達を愛しています。
 特に他のゲームとも比べて抜きに出てるのは、BGMだと思うのです。音楽の話のときにも書きましたがサントラで良く聞くほど惚れてます。ゲーム音源ではあるが、色々な楽器で様々な形の音楽を演奏してるようで、イメージも膨らみます。ほんとに楽しい気分にさせてくれる。それがまたやりたいなと思ってまたプレイする理由ですね。
 3はいつ完成するのでしょうか?

 ②「バイオハザード」
 もはやバイブルですね。バイオは小学5年のときにプレイしたのかな、衝撃的でした。ゲームでこんなに恐怖心を煽ることができるのかと;。それ以前のホラーゲーム「悪魔の招待状」とか、
「スウィートホーム」とかいわゆる2Dのものと違い、3Dであるが故のリアルさと、入り込みやすさでほんとにゲーム中でゾンビに襲われることを自分の身で感じるような感覚があり、今日もまたトイレに行けなくなるわけなんですね。
 時を経て現在4では恐怖よりもアクションを優先した作りになっていますが、これはこれでものすごく楽しいゲーム性でまだ着いていきたいと思ってます。

 ③「サイレントヒル」
 バイオハザードなんて目じゃない恐怖!これこそ究極のホラーゲームです。
 バイオの二番煎じでどうなんだよと舐めてプレイして痛い目に会いましたね。そしてこれは本物だと確信しました。バイオハザード=化学なら、サイレントヒル=精神です。
 突然の怪物の登場で驚きパニくるバイオとはうってかわり、得体の知れない化物がじわじわとせまってくると同時にラジオから嫌な音が鳴り響く。体の底から恐怖が染み出てくるのを感じます。それもそのはず、BGMやSEに人間の不快とされる音をあえて使うことにより不安をあおる工夫がされているのです。他にも恐怖を煽る仕掛けが満載で、製作者の純粋に怖がらせようという意図と努力がほんとにわかる作品です。
 語りつくせませんがこの辺で。

 ④「ドカポン3,2,1」
 ほんとに仲が悪くなるゲームなのでプレイしない方がいいです(ぇ。
 その当時小学生、ドカポンやるめに4人で集まるって楽しくはじめました。最初から長い時間やるつもりで終了時間をMAXにします。そこで、始まってすぐの頃、俺が危険を犯して赤宝箱で強力な武器入手!そのおかげでレベルも金も差が開いたぜ!「差が開いたらつまらねぇじゃん・・・」次々とコントローラーを置く仲間達。なんとなくやり直しの空気で、もう1度初めから・・・。
 今度は他の1人が抜きに出て差が開く。そこで俺「差が開いてきちゃったね。」 「は、弱ぇんだよ!」 「え・・・」 なんか他の2人も止めようとしてないし・・・。その後他の2人も調子がよく、完全に置いてかれる形となったのだが、気分のいい人たちは何も気にしない。そのまま終わるまで結局ずっと最下i
 いや、こんな話やめや;
 アレや、やっぱ俺が好かれてなかっただけなんやな!(泣。最近こういう方向へ向かう話ばっか;。


 ⑤「テーマパーク」
 まったりと遊園地でも経営しちゃおうってゲーム。
 中学1年生の夏休みはこれにすべてを注ぎ込みました。
 ちょっと書きすぎて疲れてきたんで巻きます(をい!


 5.Five people to whom I'm passing the baton(バトンを渡す5名)

 だから五人もいねー^^

 だから今回も才蔵に世露死苦!
 熱風Writerへ
[PR]
by yannsama | 2005-07-12 23:36 | ゲーム
<< 蒼い疑惑 星の屑作戦 >>