未曾有の           バイオハザード地帯
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
きさまらにそんな玩具は必要ない
 「ストライダー飛竜」

 カプコンが製作したアーケード用のアクションゲームで、忍者を前身として生まれたエージェントの得A級ストライダーの主人公「飛竜」が単独で独裁者・グランドマスターを倒すまでの話です。1はメガドライブ・PCエンジン。2はPSに移植されている。

 他のゲームでは「マーブルVSカプコン」、「ナムコ クロス カプコン」に登場。

 というわけで、今日は店でPS版「ストライダー飛竜1&2」を発見したので確保してきました。
 1000円。

 何故手にとってしまったのか、これはやはりキャラゲー効果をモロに浴びてしまったからかもしれません。

 そう、最近プレイしてた「ナムカプ」の影響です。

 「スーパーロボット大戦」にも見れる現象なんですが、知らない作品が登場したとすると、そのキャラをゲーム中のシナリオで気に入ったり、または能力が高くて印象に残ったなんて時には、その作品の元となる漫画ないしアニメを見てみたいと思い、探し回ってお金を使うわけですね。
 じつは私が「ジャイアントロボ」のDVD-BOXを買ってしまったのもそのせいです;。
 
 つまり、キャラゲーのもうひとつ狙いとして、古い作品も興味を持ってもらって、そのキャラクターに関するグッズ等で金を使ってもらおうということなんですね。まったくもっていやらしい。

 俺は完全に術中にはまっているがな!

 今ものすごーく「ナムカプ」登場作品達をプレイしたいと思っている。

 で、「ストライダー飛竜」なのだが、
 
 1の難易度は非常にシビアです。レベル1でプレイしたが、クリアするのに30回くらいコンテニューしちゃった;。俺がヘタレなのかもしれませんが、お前ほんとに忍者なのか!ってくらい動きが硬いです。まだ楽しめるまでには腕が必要ですね。残りクレジット数も増やしていたので、もしアーケードでやってたら5000円はとんでますね。1コインでクリアできる人がやっぱりいるらしいのでまじすごいと思う。
 2は主人公の飛竜が今のデザインに変わり、ゲームの難易度はかなりぬるくなりました。しかし、操作性は良い意味でアバウトな感じで動かしててとても気持ちが良いです。2Dのキャラクターに3Dの背景と敵というのが売りらしく、見た感じとしては「シルエットミラージュ」のようだと思います。(こっちのほうがマイナーか・・・;)

 ナムコさんカプコンさんには是非、「ナムカプ登場集」として、ファミコンのタイトルを集めたソフトを発売して欲しいです。
[PR]
by yannsama | 2005-07-17 23:10 | ゲーム
<< 海な日 オーシャンズ13 >>