未曾有の           バイオハザード地帯
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
摩訶不思議アドベンチャー1500kmの旅・夏の陣衝撃の4日間+1の全米が涙したスペシャル
8/2 小谷謀略戦
 さーて今回のぶらり途中下車の旅は
 今回の旅は吟さんと莉苑さんと3人で車に乗って東へ、長野へ進むことにしたわけなんですね。
 いわゆる避暑ってやつです。

 午前3時、家まで迎えに来てもらった後、しばらく自分が運転を変わることにして、多少雨が降っていたがまぁ問題は無いでしょうってことで!

 
 「ワイパーってどのスイッチだっけ?」

 
 出た、ペーパードライバーの真骨頂、皆さんすごい不安そうな顔しちゃいましたが問題ありません。走るくらいはペーパーだって容易にやってみせますよ。ほら、走っちゃえば何ともないでしょ?


 「すまん、シートベルト締め忘れてた」


 不安な旅は始まったばかりである(俺だけな。


 しばらく走ってると雨が本格的土砂降り始め、夜中な上に余計視界が悪くなってしまい、運転に余裕がなくなり始めてコンビニに止めてとりあえず交代。
 再び走り始めると雨はすぐ止んでしまいました。しかし、こんな日に降らなくてもいいのにね;。

 そして、昼頃小谷の道の駅で温泉に入って休息。皆さん前日もあんまり寝てなかったようで少々グロッキー状態。1日目だというのに何やら大変な様子です、自分は自分で車内で飲食して気持ち悪くなってたんです;。
 予定よりも早めにこの場所に到着してしまったみたいで、日本海の夕日を見たいという目的には少し時間が早いということで作戦会議をした上で再出発。

 日本海へ出ちゃってからブラブラしつつ時間を稼ぐ、走りながらの海の鑑賞は最高です。ただ、残念なことに、今日の空は曇りがちで、夕日らしい夕日を見ることができずに日本海を後にして、その後道の駅を探し、車内で寝てこの日を終了しました。

 とにかく、途中にしてあるスパロボが気になってしょうがない日でした(マテ。


8/3 山をこえ~谷をこえ~
 昨日寝る前に明日の打ち合わせしようって話になる前にぐっすり寝てしまっていたようです。
夜中に雨が降ったことも気づきませんでした。

 今日のメインの経路は六合の山道、標高2100mの山を越えるコースです☆

 そりゃぁもうそんなとこから眺める景色もすばらしいのは当然のこと、気温も夏場なのに13℃、雲の中にも入っちゃいましたよ。ほんとにこんな気持ち良くて面白いところは着てよかったなですよ!!こんな感動はそうそう味わうことなんてできやしないさぁ。


 って、2人が言ってました(何。


 俺は?そう、俺は高所恐怖症。ずっと山側を眺めながら上ってきましたが、頂上付近は空が見えてしまうので目を閉じることにしました;。要所要所で一応景色は眺めて記憶しておきました。車から身を乗り出して走ってる彼らがほんとに信じられませんよ;。

 このあたりの地域を走っいて驚いたのですが、辺り1面が緑で、山に囲まれていてなんだか日本にいるとは思えないような感覚を覚えるほどでした。写真か何かがあれば色々見せたかったですが、あいにく故障中となりましたので残念です。

 今宵は宿をとってあるので、白馬の近くにある木崎湖の辺りへ向かいました。といいますか、その辺をいったりきたりして夕食を食べたりしてました。

 若干内容が事実より薄くなってきましたが、そろそろ文章に疲れてきたと知っておいてください(ゴルァ。

8/4 おねがい!見物に時間を!!
 朝起きて、今回の旅のメインイベント、木崎湖めぐりです。

 木崎湖といえばおねがいティーチャーの舞台となった場所で、実際にアニメの中と現物とを比べて楽しもうという莉苑さん一人しかわからないネタです。自分も良く知らないのですが、カラオケの映像で見たのを覚えてまして、あの湖がこの木崎湖だったんですねぇとのことです。
 木崎湖の前に線路が通っていて、1つ古い無人駅がありました。はじめて見るタイプで切符の販売はしてないんですね、ホームから線路を眺めるとこれまた風情があって良いです。良いのですが・・・。

 このデスクの上にあるおねてぃノートが気になって仕方がありません!

 よく見るとペンたての中にもみずほ先生の絵の切り抜きが立てかけてあったり、ガンダムSEEDDのグッズがあったりとその一角だけは放っているオーラが違っていました;。
 ロケ地めぐりみたいなことをする人がいるのかぁと思ったところで、このノート実はもう35冊目だということに気づきさらにカルチャーショック。そんなに見物しに来てる人がいるってことディスか:!
 近くにあるコンビニにもおねてぃコーナーらしきものがあり、地域ごとに来た人がおねてぃボードに一言づつコメントをのこしたりしてありました。レジにいたおばちゃんは理解しているのだろうか・・・。

 その後もおねてぃで出てきた校舎を見物しに松本へ向かい、ついでに松本城も中に入ってきました。天守閣まで登るもやはり高いところはだめ、内装だけ眺めて外は見ないようにさっさとおりちゃいました;。

 午後からは美ヶ原高原美術館へ向かうため山道を登りました。

 ここは外に製作した芸術品のオブジェがたくさん展示されていて、入場料を支払って少しすると、ぱらぱらと雨が降りはじめ、近くを通った業務員さんに、もしかしたら雷が横に走ってくるかもしれないから放送で注意があったらすぐ近くの建物に隠れてくれと言ってました。そうここは雲の中にある場所ですから雷も降ってくるだけじゃないんですね、まぁそんなちょうどな感じに雷なんか起こるわけないでしょと考えているとやっぱりそのとうりになっちゃったんですね;;。
 すぐに戻ることにして全然展示物もみれず、さらに豪雨となり足止めさせられてしまいました。
 聞いた話だと、今年1番のやつだそうで、ほんとに運が悪うござんすねぇ;。
 しかし、目の前で駐車場に落雷したときの衝撃はすさまじかったなぁ、良い体験です。

8/5 鉄の城祭
 今日で4日目最終日、朝から標高1900mへリフト乗りです。ハードやなぁ;、いつもはスキーのときに乗っているリフトだが、雪のない今乗ると地面がむき出しでやっぱり怖いです。
 下りもリフトに乗るんです、下るなんて初めてですね、前に見えるのはまさに大自然のパノラマ、ほんとに気分が悪い(マテ。ときに見計らったかのように急停止して大きく揺れるのは仕様ですか?心臓が止まりそうでしたよ、声も出ませんでした。
 
 お次は美術館へ行くために狭い山道を通る途中にあるものを発見しました。

 落石

 道の真ん中に車の下を通らない大きさの石が転がっているのだ、きっと最近落ちてきたものだろうか、もしくはほんとに人が通らない道なのか、とにかくどけないことには進めないので・・・。
 
 車体をする草、転がる丸太、まさに冒険って感じですね。

 ようやく普通の道に出たのもつかの間、なんとパンクしてました;。おそらくさきほどの山道でやっちゃったのだと思いますが、修理屋を呼んで何とかしてもらいましたが、余分な時間と金を消費してしまいましたね;。

 その後影絵美術館とその付近の滝を見て、静岡へマジンガーZの歌18種類を熱唱しつつ帰ってまいりました。

8/6 その後 
 自宅へ帰ってきてすぐ寝ました。

 そして起きたとき今回一番の衝撃が襲いました。


 ゴキブリ下敷きにしてた・・・。


 うああああああああああああああああああああああああああああああああ

 ゴキブリと添い寝だなんて、そんなスキンシップは初めてですよ!

 いやあああああああああああああああああああああああああああああああ

 もうなんか朝からテンションさがりまくりです;。

 これがオチだなんて・・・。
[PR]
by yannsama | 2005-08-06 22:37 | 雑記
<< 非常にお疲れ 電気を大切にな >>