未曾有の           バイオハザード地帯
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
グリーングリーン
 ナム×カプクリアしましたー

 総計100時間を越える長き戦いについに終止符が討たれました。
 そこで、
【総評】
 ナムコクロスカプコンは、ナムコとカプコンのオリジナルキャラクター達が一堂に会してスパロボのごとく無茶苦茶な世界観のなかで繰り広げられるシュミレーションゲームです。

 登場作品
 ナムコから
『ゼノサーガ EpisodeⅠ』
『テイルズオブディスティ二ー』
『ソウルキャリバー』
『ワルキューレの伝説』
『妖怪道中記』
『源平討魔伝』
『超絶倫人ベラボーマン』
『ワンダーモモ』
『ディグダグ』
『鉄拳』
『クロノアヒーローズ』
『ドルアーガ』
『パラデューク』
『バーニングフォース』

 カプコンから
『ストリートファイター』
『ヴァンパイア』
『私立ジャスティス学園』
『ファイナルファイト』
『ストライダー飛竜』
『ロックマンDASH』
『魔界村』
『バイオハザード ガンサバイバー4』
『ディノクライシス』
『キャプテンコマンドー』
『ロストワールド』
『アレスの翼』
『サイドアーム』

 正直半分以上わからんとです(´д`;)

 カプコンの方が知ってるのが多いですね。ファミコンの登場作品が半分はありますね、きっと平成生まれの人は全くわからないと思います。今回はそのファミコン系キャラクター達はデザインのリニューアルがされて、しかも声優まで当てられてます。新しい3D系の作品は2D化され、バイオハザードやディノクライシス等の英語喋ってるキャラも日本語ペラペラですが、意外にイメージどうりで個人的にはオッケーです。
 これだけ人数がいると絶対に使わないキャラが出てくるものです。スパロボやってても確実にキースとかカツとかは初期レベルのままなんです。しかし、このナムカプでは何故かシナリオごとに3部隊に分かれて1部隊づつマップをクリアするので、使わないキャラがいなくなるんですね。自分としても全部のキャラを使えることなら使いたいので、このシステムはうれしいです。
 不満があるとすれば、作品ごとに出るキャラが限られてるってことですね。まぁ、全部出したら収まりきらないのでしょうがないんですが、それは次回作があったときに期待しておきましょう。基本的にもう続編は出さないだろうという作品を入れていると思うので、メインのバイオキャラは無理かな、多分ファンの人に敬遠されそうですし。
 この作品をプレイしてなによりもドットの勉強になりましたね、戦闘シーンで使ってる奴なんですが今コソコソ作ってるモノと似てるのでね。良かったです。




 最近始まった任天堂GCで発売している「ちびロボ」のTVCMで流れている曲「グリーングリーン」に心打たれ泣いちゃいそうになりました(マテ。
 
 ある日 パパと二人で 語り合ったさ~♪
 この世に生きる喜び そして 悲しみのことを~♪
 グリューン グリューン~♪
 青空には 小鳥が歌い~♪
 グリューン グリューン~♪
 丘の上には ララ 緑がもえる~♪

宣伝でした。
 
[PR]
by yannsama | 2005-06-24 22:16 | ゲーム
<< うみんちゅ 風邪のノー・リプライ >>